弁護士にしてもらえること

債務整理は作ってしまった借金問題の解決を法的に行ってもらうためのものですが、債務整理に対応しているのは弁護士や司法書士で、多額の借金がある場合だと対応できる範囲の関係から弁護士の一択になります。

弁護士に債務整理を依頼することでしてもらうことができるのは借金をしている金融機関との交渉は債務整理の法的な手続きの代行、他にも過去に払い過ぎたお金があった場合はそれを調べて請求してもらうこともできます。

弁護士に依頼することによっては債務整理で必要なことのほとんどをしてもらうことができるので時間的な負担が少ないのもメリットになります。
そもそも自分で債務整理はできるのかという疑問も出てくるかと思います。

これについては不可能ではないものの、現実的ではないというのが答えであり、法律と金融について卓越した知識が求められることからその分野に対しての知識が秀でている人ではないと個人的な債務整理は難しいと思います。

また同じ弁護士でも借金問題の解決に関係する案件が得意な人もいれば反対に不得意な人もいるので依頼するのであれば借金問題解決をこれまでにしてきた弁護士に依頼する方が安心して借金問題の解決ができると思います。

債務整理弁護士ランキング

闇金を利用している場合の注意点

弁護士に債務整理の依頼を考えている場合に厄介なのが闇金を利用して借金を作ってしまっている場合です。

闇金は金融機関業者としての登録を受けてないのにも関わらず金融サービスを行っている違法な業者であり、昔に比べると法律の締め付けによって被害を受ける数は減っているものの闇金に被害を受けるようなことがあります。

闇金からしている借金についてはそもそも法にかかってない借り入れになっているので返済の義務はないので、闇金からの借り入れで債務整理をするという流れになることはありません。

この場合は闇金弁護士と言って闇金対策に特化している弁護士に依頼をしてから直接的に弁護士に闇金と交渉をしてもらってから問題解決を図っていくという流れになります。

弁護士が闇金と交渉をすることで闇金側は被債務者に対して執拗な取り立てをすることができなくなるので、これだけでも怖い闇金に取り立てをされていた側としては心に気持ちの余裕が出てくると思います。

いずれにしても違法な闇金からお金を借りないようにすることが大事で、闇金問題が解決した後に再びお金の借り入れを検討している場合は金融機関が届け出している番号についても確認してから申し込みをするようにしましょう。

悪質な弁護士の存在

私は消費者金融のキャッシングを利用して多額の借金を抱えることになりました。

最初は少額のお金の借り入れに対して心もビクビクするくらいだったのですが、何度か借りているうちに不思議なものでお金を借りることに対して抵抗感が無くなったのです。

いつかは返すことができるという安易な考えで過ごしてきた結果、自力でお金を返すことができない状態になってしまったのですが、取り立てなども厳しくなったので弁護士に依頼して債務整理をしてもらうことになりました。
ここで私は弁護士選びを間違ってしまったことで債務整理がスムーズに進まなかったという苦い経験があります。

弁護士の中には実績がほとんどないのにも関わらず実績があるように見せている人もいるようで私はそれにあたってしまったようで本来ならすぐに終わるはずの手続きなどもかなり時間がかかってしまいました。

最終的にはどうにか債務整理をすることができたのですが、思った以上に時間と依頼料がかかってしまったことで債務整理が終わった後も借金の返済が続く日々になってしまいました。

もっと口コミなどを見てゆっくりと弁護士の実績などを比較してから選んでいれば借金のことでこんなに悩むことは無かったのかもしれないと思います。